PICCニュース

トップページ > 【関西】ニュース > 【PICC大阪支部】PICC大阪支部】7月の東京支部定例会に参加しました

---

【PICC大阪支部】PICC大阪支部】7月の東京支部定例会に参加しました

 

2019年7月9日PICC東京支部定例会に大阪支部より小泉、佐藤、河野が参加してまいりました。

在り方経営塾3名の塾生(経営者)の方々が理念とビジョン(10年、30年、100年)を発表し、

大久保会長の講評・講話がつづきます。

 

大久保会長から直接講評・講話いただける貴重な機会でした。

 

<会長の講評・講話内容 一部抜粋>

100年後を見据えてビジョンを立てることの重要性

社員を大切にすることを最優先することの大切さ、それがお客様の幸せにつながること

利益は目的ではなく、目的を達成させるための手段

企業は社会の公器であり、経営者は公人であり国を支えていること、それを自覚すること

社員が安心して働けることで経済も回っていること

経営にゴールはない、次の世代にどうつなぐかを常に考えておくこと

HOW TO論、やり方ばかりしていると失敗する

在り方をわからない人がやりかたをしても成功しない

在り方とは何回も何回も向き合う必要がある、人間力が大切

一番の差別化は社長の人間力を磨くこと、社長力を高めることである

いい会社とは社員から見ていい会社、お客様から見ていい会社といわれること

社員が離れていく、お客様が離れていくのは、社長に魅力がないということ

これでもか、これでもか、どうすれば、どうすれば、を徹底的に考えること

何度も何度も繰り返すことでわかってくる

「学ぶ」とは実践して活かすこと

なにがあってもあきらめないこと、無理だと思わないこと、けして逃げないことが大切

今後もPICC大阪支部では公益資本主義を深く学び、公益実践企業を増加させるために活動してまいります。

一覧に戻る

ページトップ