PICCニュース

トップページ > PICCニュース一覧 >  「王道経営」第7号の発送手配をはじめました

---

「王道経営」第7号の発送手配をはじめました

   

 大久保秀夫会長が自ら企画し、インタビュアーを務めた『王道経営 ~これからの経営の在り方とは~』の第7号が株式会社フォーバルから発刊されました。PICC会員向けの発送手配をはじめましたのでお知らせいたします。皆様のお手もとにも9月末~10月上旬には届くと思います。。

 

 第7号でもPICC会員企業にご登場いただきました。福岡支部で副支部長をされているマッチアップの松田代表です。起業された経緯からお客様との向き合い方、社員との向き合い方等についてうかがっています。
 
 また、表紙を飾るのは「年輪経営」で多くの経営者から尊敬を集める、伊那食品工業の塚越寛最高顧問です。会社を永続させるためには「How to do」「どうするべきか」のテクニックだけではダメで「How to be」「どうあるべきか」が重要ということを教えていただきました。ぜひご覧いただき、皆様の経営にお役立てください。

 

 

 「王道経営」は隔月、奇数月に発刊予定です。今後もPICCの仲間が続々と登場する予定ですので、楽しみにお待ちください。

 

   

CONTENTS

  

経営談義 ◉ 企業の「在り方」を考える
経営者をサポートし多くの「100年企業」を生み出したい

山下会計事務所 公認会計士・税理士 山下勝弘

https://cpa-myamashita.tkcnf.com/

 
理念の大切さを説き、人事労務の”新しい当たり前”をつくる

社会保険労務士法人マッチアップ代表社員 松田修

https://www.e-roumu.com/

 

対談 ◉ 「新しいあたりまえ」を探る 第7回
会社の究極の目的はみんなで幸せになること。そのために大切なのは会社を永続させることです。

伊那食品工業株式会社 最高顧問 塚越寛

https://www.kantenpp.co.jp/

 
連載 ◉ 大久保流 888の法則
第7回 これからの経営の在り方「BOP」について(中編)

  

  

一覧に戻る

ページトップ