PICCニュース

トップページ > PICCニュース一覧 >  「王道経営」第6号の発送手配をはじめました

---

「王道経営」第6号の発送手配をはじめました

   

 大久保秀夫会長が自ら企画し、インタビュアーを務めた『王道経営 ~これからの経営の在り方とは~』の第6号が株式会社フォーバルから発刊されました。PICC会員向けの発送手配をはじめましたのでお知らせいたします。皆様のお手もとにも7月中には届くと思います。。

 

 第6号でもPICC会員企業に登場いただきました。広島支部設立準備委員会で副委員長をされているエイジの三戸栄社長です。経営理念を浸透させて人を育て、会社を成長させるとともに美容業界全体を底上げしていくため、大久保会長から学んだ経営の在り方をベースに同業他社にも指導されています。

 

 また、表紙を飾るのは大ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者、坂本光司先生です。坂本先生が50年間の研究から得た結論は、「企業経営の目的はただ一つ、そこに関わる人を幸せにすることです」と語っていただきました。今回は特別に10ページかけて特集させていただいています。ぜひご覧いただき、皆様の経営にお役立てください。

 

 「王道経営」は隔月、奇数月に発刊予定です。今後もPICCの仲間が続々と登場する予定ですので、楽しみにお待ちください。

 

   

CONTENTS

  

経営談義 ◉ 企業の「在り方」を考える
「在り方」を学んで核が定まり、社員と一丸となって新たな会社に生まれかわった

ダイケンエレクス株式会社 代表取締役社長 池田尚

https://www.daiken-s.co.jp/

 
経営理念を浸透させて人を育て、会社を成長させるとともに美容業界全体を底上げしていく

有限会社エイジ 代表取締役社長 三戸栄

http://www.prosol.co.jp/

 

対談 ◉ 「新しいあたりまえ」を探る 第6回
50年間の研究から得た結論は、企業経営の目的はただ一つ そこに関わる人を幸せにすることです

経営学者 「人を大切にする経営学会」会長 坂本光司

https://www.htk-gakkai.org/

 
連載 ◉ 大久保流 888の法則
第6回 これからの経営の在り方「BOP」について(前編)

  

  

一覧に戻る

ページトップ