PICCニュース

トップページ > PICCニュース一覧 > 林英臣氏の相談役就任について

---

林英臣氏の相談役就任について

 

 この度、PICC活動について大所高所から助言をいただくため、2019年1月1日から林英臣氏に当会の相談役に就任いただくことになりましたのでお知らせいたします。

  

 林秀臣氏は、松下政経塾第一期生として、松下幸之助氏より直々に「人間学に基づく経営思想」を教授されている方です。また、文明法則史学の祖・村山節氏には「文明の800年盛衰周期と興亡の法則」を学ばれてきました。このような学び、研究を元に、現在は経営者・政治家・学生・青少年など幅広い層を対象に、年間約130回の講義・講演をされています。扱うテーマは公益資本主義、松下幸之助、やまと言葉、文明論等多岐にわたります。
 また、「政治家天命講座」を主宰して、国是を担う志士政治家を育成されています(平成30年現在第13期生が入塾)。その中から7名の代議士(元職含む)と7名の市長が誕生。卒塾生の多くが国是担当地方議員として育ち、日本改新を推進する若手政治家グループとして注目を集めています。
   

 

 
林相談役の略歴
◆林英臣政経塾 塾長 政治家天命講座 主宰
◆一般社団法人政経倶楽部連合会 主席顧問
◆同法人併設 日本政経連合総研 理事長
◆国会綜學勉強会 講師 綜學社 代表
◆公益財団法人 松下政経塾 第一期生

 

 1957年静岡県浜松市生まれ。号は綜観。本家は京より下向した社家。8歳から独自の「世界平和の祈り」を始め、17歳で東洋文化研究に素志を固める。以後、中国医学・武道・ヨガを修め、日本思想・東洋思想・仏教思想を研究。
 著書は、ロングセラーの『縄文のコトダマ』をはじめ、『超文明論』『人間力を磨くヒントとコツ』『東洋的器量の研究』など20数冊を数える。『人を動かす「7つの術」』は、「本当の人間通になる1冊だ」と竹村健一氏が激賞。最新刊は『原大本徹 短編集1』。CD出版に「吉田松陰《立志実践》の教育」「側近学」日本経営合理化協会がある。
  
林英臣 公式ホームページ
http://www.hayashi-hideomi.com/

 

一覧に戻る

ページトップ