• 会長挨拶
  • PICCの活動
  • 法人概要
  • 理事紹介
  • 支部紹介
  • お問い合せ

PICCニュース

トップページ > 【北海道・東北】ニュース > 【PICC宮城支部】100年企業研究委員会「1000年企業訪問」を開催しました

【PICC宮城支部】100年企業研究委員会「1000年企業訪問」を開催しました

 

一般社団法人公益資本主義推進協議会

北海道東北ブロック 宮城支部

100年企業研究委員会活動

 

「第4回 100年企業訪問」

 

 

◆月日:2018年8月23日(木)

◆時間:15:00~17:30

◆会場:株式会社ホテル佐勘 本社

仙台市太白区秋保町湯元字薬師28

◆講話:株式会社ホテル佐勘 代表取締役 佐藤勘三郎様

 

◆スケジュール

14:45           ・集合(株式会社ホテル佐勘 ロビー集合)

15:00           ・主旨説明

PICC宮城支部 副支部長 早瀬

15:05           ・企業紹介・取り組みのご紹介

株式会社ホテル佐勘 代表取締役 佐藤勘三郎様

16:30           ・御礼の挨拶

PICC宮城支部 支部長 三本菅 通次

16:40           ・記念撮影(株式会社ホテル佐勘 玄関前)

16:45           ・館内見学

17:20           ・館内見学終了

17:30           ・終了

 

 

このたび「第4回100年企業訪問ツアー宮城」と題しまして100年企業訪問を下記日程で開催しましたので報告いたします。

 

訪問させていただいた株式会社ホテル佐勘様は、西暦1000年創業の1000年企業で、現在34代当主となり、東北で最も歴史が長い企業です。

 

平安末期(1010年頃)創業。1000年を超える東北で最も歴史の長い企業で、宮城でお馴染み、初代 伊達政宗も訪れた老舗旅館となります。

 

社長の第34代目 佐藤勘三郎社長にはご講話を頂き

・日本の食料自給率や健康寿命問題

・都市と地域の関係の見直し

・日本に長寿企業が多い理由

・会社を潰す社長のポイント

・佐勘が考える100年企業

・ダイバーシティ経営

・地域との取り組み

など様々な視点でお話をいただきました。

 

佐藤社長自身が誰よりも多く学ばれており、「虫の目・鳥の目・魚の目」と様々な視点で経営を行う大局観をお持ちでした。

 

講話後には館内見学をさせて頂き、G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議で利用された会場を見学しました。各国の財務大臣と中央銀行の総裁が一堂に会した会場をはじめ、食事会場、記者会見場、控え室を当時の想い出話しや裏話などとともにご案内頂きました。

 

経営者としての考え方や立ち居振舞い、大局観、おもてなしの振舞いなど様々な学びがある訪問でした。

 

一覧に戻る

ページトップ